« NHKでクリスタルチルドレン | トップページ | ガチャポン訴訟を考える(2)「知識循環型社会」 »

ガチャポン訴訟を考える(1)「安全基準は守ったが」

リンク: <ガシャポン訴訟>バンダイナムコに賠償支払い 鹿児島地裁 | エキサイトニュース.

「ガシャポン」などと呼ばれる玩具入りカプセルを誤飲し、重度障害を負った鹿児島市の男児(当時2歳10カ月)の両親らが、製造物責任法(PL法)に基づき、製造元のバンダイナムコゲームス(東京都)に約1億800万円の損害賠償を求めた訴訟で、鹿児島地裁は20日、同社に約2626万円の支払いを命じた。高野裕裁判長は「安全性を欠いていた」と構造上の欠陥などを認定。玩具の大きさを定めた業界団体の基準見直しを迫る判断となった。

 原告側弁護士によると、玩具の誤飲でメーカーに製造物責任を認める判決は異例という。

 判決によると、男児は02年8月、プラスチック製の球状カプセル(直径40ミリ)を誤飲し、約30分後に除去したが、低酸素状態などによる脳障害で自力で体を動かせないなどの後遺障害が残った。

 同社は、日本玩具協会作成の安全基準が3歳未満対象の場合に直径31.8ミリ以上と規定していることを挙げ「安全基準を満たし、誤飲の危険はなかった」と主張したが、高野裁判長は「3歳未満の幼児でも開口時の大きさが4センチを超えることは珍しくない。事故防止には基準の直径では不十分」と指摘。構造上の欠陥については「のみ込んだ場合に備えて取り出しやすくするため、角形にしたり、気道確保のための穴を複数設ける設計が必要だった」などとした。

 判決は損害額を7954万円と算定。両親が事故防止の注意義務を果たしたとはいえないとして、同社の責任を3割とした。

 同社は「判決文が届いておらずコメントできない」としている。

 国民生活センターと同社によると、98年以降カプセルの誤飲事故は今回の1件のみ。07年に同種の玩具は同社で1400万個生産されたという。【大塚仁】

◆安全基準の値は妥当か?

初めにこの記事を見たとき、まず感じたのは「3歳未満対象の場合に直径31.8ミリ以上」という安全基準が小せえなぁ、ということだった。
と、言うのも以前、母親学級での講習で子供の誤飲について、保健師さんが「子供の口の大きさはだいたいトイレットペーパーの芯ぐらい」なので、芯を通るものは気をつけろと言ったことを覚えていたからだ。
で、念のために今測ってみたらウチのトイレットペーパーはジャスト40ミリだったよ。まあ、定規なんで誤差はあると思うけどね。
そんでもって母子手帳をめくってみたら幼児の口の大きさは39ミリとある。
ならば、「プラスチック製の球状カプセル(直径40ミリ)」というのは安全どころか、お口にジャストフィット、うっかり何かの弾みで入ったら気管までがっちり塞いで掻きだすことも出来ねぇってことにならないか?
直径40ミリの円筒形や1辺40ミリの立方体はキツいが、球状ならするっと入ってしまうこともありそうだ。

で、ちょっと調べてみたら、こんなのを見つけた。
「チャイルドマウス」というもので、子供の口の大きさに合わせて紙で作った円筒形だ。
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/piyopiyo/200605/try.html

で、この記述に注目して欲しい。

「チャイルドマウス」は、子どもの誤飲事故を防ぐための目安になります。1~2歳の子どもの口の大きさは、直径約32ミリ程度。これを通ってしまうものは、小さいお子さんの近くには置かないよう、気をつけましょう。(※強調は引用者による)

直径39ミリのチャイルドマウスもある。
http://www.angel110.jp/ura_060703.html

こちらによれば、「3歳児の口の最大口径は39mm、喉の奥までは51mmあります。」ということだ。

つまり、安全基準が規定する「3歳未満対象の場合に直径31.8ミリ以上」というのは、1〜2歳児の口径をもとに設定されたと考えられる。
3歳未満だからそれでいいじゃないか、と言うわけにはいかないだろう。口の大きさと言うのは3歳の誕生日を境に32ミリから39ミリに変わるわけではない。事故にあった子のように2歳も後半になってくると、ほとんど3歳児と変わらない大きさになっている。
ならば、より口に入りにくい39ミリ以上を基準として採用するべきじゃないかと思う。

◆誤飲事故が多いのは何歳か?

さらに調べるうちに、こんなサイトを見つけた。東京都生活文化局による「幼児の事故データ」だ。
http://www.anzen.metro.tokyo.jp/child_data.html

これの「図表1 幼児の年齢別年間事故率」によれば、一番事故を起こしやすい年齢は1歳だ。しかし、誤飲に限った場合はどうか、この資料からは読みとれない。
ただ、ヒントはある
「図表3 事故の起こりやすい商品等と幼児の年齢」と「図表4 けがとけがの起こりやすい商品等」の2つの表を見て欲しい。
「図表4」では「誤飲」が起こりやすい商品として「医薬品・たばこ・玩具・住居用品」をあげている。
そして、「図表3」では「医薬品・たばこ・カミソリ等」という商品項目に対して事故があったことの印があるのが3歳までなのだ。4歳からは印が無い。
つまり、おかしなものを口にして担ぎ込まれるような事故を起こすのはおおむね3歳ぐらいまでと推測できる。
そりゃあ、事故総数としては1歳児の方が多いだろう。だが、誤飲事故については「危なっかしいのは3歳児まで」だとするならば、3歳児のデータを安全基準にしたほうがよりベターじゃないのか。当たり前だが3歳児の口より大きいものは1〜2歳児の口にも入らないのだ。

◆40ミリって微妙〜

ガチャポンは「プラスチック製の球状カプセル(直径40ミリ)」だ。これは「3歳未満対象の場合に直径31.8ミリ以上」と言う安全基準をクリアしている。
しかし、仮に安全基準が3歳児の口径にあわせた39ミリだったとしても、40ミリならば一応基準をクリアしているとは言える。
とは言え、普通の開発者であれば、誤飲と言う事故を防ぐための安全基準に対して、わずか1ミリだけ大きくするなどと言う設計はやらないだろう。もっと余裕幅を持たせるはずだ。
だからこそ、31.8ミリに対しておよそ25%増の40ミリを採用したんじゃないかと思う。
ところが、不幸なことにそれは3歳児の口の大きさにジャストサイズだったのだ。
もし、初めから安全基準が39ミリであったのなら、と悔やまれてならない。

さらに、「40ミリ」という大きさは別の問題も抱えている。
子供の口に入るか入らないかギリギリの大きさであるため、人によっては「子供の口には入らないだろう」という認知上のエラーを引き起こす可能性があるということだ。
「幼児は何でも口に入れてしまう」ということについては、たぶん、どんな親も常識として意識している。
だが、「プラスチック製の球状カプセル(直径40ミリ)」が幼児の口に入る、ということになると、どの親も常識として持っているとは言いがたい。見た目で「入らない」と思ったとしても「非常識だ」とまでは言えないと思う。

そして、口に入るか入らないかギリギリの大きさで、かつ弾力性の無い球体が口に収まってしまった時、それを取り出すのは口の構造上困難を極める(今回の事故でも除去に30分かかっているとある)。滑らかな表面のプラスチック球体は取り出そうにもとっかかりが無く、却って押し込んでしまう危険性もある。
しかも窒息の救命は時間との勝負だ。

結果として、40ミリという大きさは3歳前後の幼児にとって最も危ない大きさだったということになるんじゃないか?

今回の事故は、安全基準が万全とは限らないことを示している。
安全設計の目的は、単に安全基準の順守することではない。リスクの軽減が実現されることにある。
当然だが、リスク評価は発生する頻度だけで行うものではない。
そのリスクが発生した時の影響、生じた事故被害の大きさも考慮に値する。
今回の事故被害は重度障害という死亡に次ぐ甚大さなのだから、企業にとっても十分検討に値する事例であるはずだ。

長くなってしまったので続きます。

|

« NHKでクリスタルチルドレン | トップページ | ガチャポン訴訟を考える(2)「知識循環型社会」 »

いろいろと考えること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガチャポン訴訟を考える(1)「安全基準は守ったが」:

» ガチャポン訴訟を考える(2)「知識循環型社会」 [くりずの雑感]
前回記事「ガチャポン訴訟を考える(1)『安全基準は守ったが』」の続きです。 ◆過 [続きを読む]

受信: 2008年5月27日 (火) 02時11分

» ガチャポン訴訟を考える(3)「ハインリッヒの法則」 [くりずの雑感]
前回記事(ガチャポン訴訟を考える(2)「知識循環型社会」)および、 前々回記事( [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 02時38分

« NHKでクリスタルチルドレン | トップページ | ガチャポン訴訟を考える(2)「知識循環型社会」 »