« 「水からの伝言」 | トップページ | 老猫が亡くなりました »

逆転裁判と宝塚歌劇?!

リンク: 宝塚歌劇:人気ゲーム初の舞台化「逆転裁判」 宙組の蘭寿とむさんが主演(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞).

カプコンの人気ゲーム「逆転裁判」が、宝塚歌劇で舞台化されることが23日、明らかになった。ゲームが宝塚歌劇になるのは初めてで、宙組の蘭寿とむさんが主演を務める。

 舞台「逆転裁判 蘇る真実」は、「里見八犬伝」などを手がけた鈴木圭さんが脚本と演出を担当。米国を舞台に熱血弁護士が難事件を解決するストーリーで、ラブロマンスも盛り込まれる。舞台が米国のため、主人公の名前が「成歩堂龍一」から「フェニックス・ライト」に変更されるなどのアレンジが施される。また、ゲームで使用された楽曲もミュージカル形式で再現される。

宝塚って、何でも消化しちゃうのだな。
ええ、異議はございません。

それにしても「フェニックス・ライト」って……と思ったらゲームの海外版で使われている名前だったのだね。


逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price! 2000 逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price! 2000


販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


|

« 「水からの伝言」 | トップページ | 老猫が亡くなりました »

ゲーム」カテゴリの記事

ちょこっと息抜き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆転裁判と宝塚歌劇?!:

« 「水からの伝言」 | トップページ | 老猫が亡くなりました »