« 蓮を見にお散歩 | トップページ | 逆転裁判と宝塚歌劇?! »

「水からの伝言」

「kikulog」経由で次の記事を見つけた。

『ほたるいかの書きつけ』より
http://ameblo.jp/fireflysquid/entry-10139358661.html

関東地区公立小・中学校女性校長会の総会で『水からの伝言』の著者である江本勝氏の講演が行われたとのこと。
詳細は『ほたるいかの書きつけ』さんの記事をご覧いただくとして、次の箇所は、あまりにもひどい。
 

先生が用意した妊婦さんの羊水をホメオパシー溶液の倍率である5万倍に薄めた水の結晶を撮影しました。
 羊水の結晶です(写真1)。この羊水に韓国語で「堕胎」という言葉を見せて撮影すると(写真2)、何か文字のようなものが現れました。
 羊水に子どもの写真を見せたら、とってもいい結晶になりました(写真3)。

 (略)相変わらずの安易な実験デザインと解釈であるが、特に羊水を使うということには怒りを禁じえない。「何か文字のようなもの」と言っているが、子どもの写真を見せたらとってもいい結晶になったということと対比させていることからして、「堕胎」は悪である、と暗に言っているといっても差支えないであろう。文脈から切断された単語に善悪を付与するという安易な発想がここでも如何なく発揮されてしまっている。

この実験が許しがたいのは、『堕胎』という、非常に多角的な考察を必要とする、それゆえ認めるにせよ否定するにせよ合意の得にくい問題に対して、マルかバツかという単純思考に落とし込もうとする、その安直さにおいて、である。
結晶の出来不出来を道徳の根拠にするのなら(あまりにもバカバカしい根拠だが)、必然的に二者択一的な価値観しか持ち得ない。

また、実験にただの水でなく羊水を使用したという点に、私は強い懸念を覚える。
「羊水」という言葉に含まれるイメージが「母」や「出産」など、女性の性と生殖に関わるものであることはいうまでもないだろう。また、障害や血縁などマイノリティに関わる側面もあるだろう。
実験者がこれらの問題に無自覚あるいはイノセントであるとは、とても思えない。
おそらく、意図的に羊水を使用しているはずだ。

『羊水』の『結晶』という図像の提示は、羊水と言う単語が持つ母性へのイメージと、結晶と言う単語が持つ聖のイメージを結びつけるものであり、まさに母性の聖化を視覚的イメージに転換する作業に他ならない。

視覚的イメージが与える影響はなかなか馬鹿に出来ないもんで。
『水伝』が批判されてもしぶとく息を吹き返すのは、論理的思考の欠如だけでなく、あの結晶の写真が与える視覚的インパクトによるところが大きいと思う。

つまり、『羊水の結晶』という『図像』が美しければ美しいほど、性や生殖の問題について一方的な価値観を植えつける役割を担うことになるだろう。

あ、念のため書いておくが、5万倍に薄めた羊水なんて、ただの水だ。
この記述だけでも、『羊水の結晶』なんてぇシロモノがちゃんちゃらおかしいってことだ。


なお、『水伝』の問題点については、すでに多くのサイトで述べられているのでここでは繰り返さない。
特に、次のサイトは良くまとめられているので、興味のある方は参照して下さい。

学習院大学の田崎晴明教授による『水伝』反証サイト
「水からの伝言」を信じないでください

「PSJ渋谷研究所Xさん」作成の「水伝FAQ」
『水からの伝言』の基礎知識

|

« 蓮を見にお散歩 | トップページ | 逆転裁判と宝塚歌劇?! »

トンデモ」カテゴリの記事

いろいろと考えること」カテゴリの記事

障害」カテゴリの記事

コメント

 トラックバックありがとうございました。

 ここでのご指摘、そのとおりだと思います。この「羊水」のくだりについては、今回の私のほうのエントリでは触れませんでしたが、とても気になりまして、そこだけ別にエントリたてようかと思っていたくらいでした。

 「水伝」の「思想」(というか発想?)の質の悪さが透けて見えるような話だ、と思います。

投稿: north-pole | 2008年9月20日 (土) 09時21分

north-poleさん、コメントありがとうございます。

水伝批判はすでに多くのサイトでなされていますし、今回の件も、校長会で行われる是非については他のところがやるだろうと思ったので、私のところでは『羊水』の話に絞ることにしました。
水で『ありがとう』ぐらいなら害がないと思う人も、『羊水』の件では問題と認識してくれるかも、という淡い期待もあります。

問題をあげたらキリがないんで。
羊水だけでも、いろいろとあるんですけれど。

講演で江本氏が羊水の話を持ち出したのは校長会だからではなく、女性の聴衆を意識してのことでしょうから、教育の保守化ということではないと思うのですが、これは、例えば純潔教育なんてぇものに向かいかねない危うさを秘めていると思うのですよ。
まじめに性教育するよりも「羊水の結晶」を見せる方が手っ取り早いと思う教育者もいるんじゃないか、と。

また、女性の聴衆が多いときに必ず羊水の話をしているとしたら、それはそれで、まずい話なんですけれど。
詳しくは省きますけれど、「母」を想起させる羊水を使うことは、障害児とその家族への圧力となりうると感じています。

なので、この問題は、私に取っては切実になりつつあるのかと思っています。
障害との関係については、いずれ書きたいと思っているのですが、なかなか主張と距離を取るのが難しくて。

障害については、どう書いても「思い」から漏れてしまう言葉があるのですよ。

投稿: くりず | 2008年9月21日 (日) 02時34分

>「母」を想起させる羊水を使うことは、障害児とその家族への圧力となりうる<

同感です。非常に気になる点です。この点からの批判はいろいろな立場からもっとしておく必要があるでしょうね。

投稿: north-pole | 2008年9月21日 (日) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「水からの伝言」:

» [SONG]笑えさとりし人ヨ [nagonaguの日記]
多忙は怠惰の隠れ蓑である。 来月出版される本の原稿をすべて脱肛脱稿し終えて、帯のコメントを『属国』の著者=ガバン・マコーマックさんにいただいたり、出版社から送信されるプロフィールやデザインなどのチェックして、多忙を極めているような気分になって溜息をつくが... [続きを読む]

受信: 2008年9月20日 (土) 12時13分

« 蓮を見にお散歩 | トップページ | 逆転裁判と宝塚歌劇?! »