« 数値をあげればいいってもんじゃないだろうの見本 | トップページ | 新型インフルエンザ報道につらつらと思うことなど »

iPhoneと自閉症の支援

お久しぶりです。
こんな無精なブログにも関わらず、インフルエンザ騒動のおり、おチビの健康を心配して下さる方もいらっしゃり大変感謝しております。
おチビも大変元気です。

で、新型インフルエンザについて、思うことなどを書こうと思ったのですが、その前にちょっと面白い記事を見つけたので簡単にご紹介をば。

リンク: iPhoneとiPodTouchが自閉症の子供を助ける!|世界メディア・ニュース.

この記事だけだと概要がよく分からないのですが、元記事の「USATODAY.com」をみると、あらかじめ基本的なコメントや質問をアイコンにしておいて、それをタッチすることで音声出力しコミュニケーションの介助をするアプリケーションを作成した、ということらしいです。

http://www.usatoday.com/printedition/life/20090528/iphoneautism28_st.art.htm

いや〜、これは面白いなぁ。
自閉症などの発達障害児は、耳からの情報よりも視覚からの情報を取り入れる方が容易、っていうのはもう親にとっては常識で、身振りのサインや絵カードの利用なんてのが勧められたりするのだけれども、やはりカードはかさ張るからね〜。
おチビも、トイレや学園での教室移動は写真で見せた方が理解しやすかったりしています。

元記事にあるように、iPod touchを腕につけておいて必要なときにタッチスクリーンに触れて必要なアイコンを探し提示する、というのは言語遅滞の子ども達に取って画期的な支援方法だと思うんですよ。
何より、提示できるアイコン数がカードとは比べ物にならないくらい増やせるでしょう。
それは、語彙が増えるのに等しいんですよ。

以前、携帯電話が普及したときに聴覚障害の方が、「メールで初めて遠隔の人とコミュミケートが可能になった」と話しておられたのを見て「なるほど」と思ったもんですが、発達障害や知的障害においても新しい技術の利用で支援ができる部分はまだあるのではないかと思わせられるニュースでした。


|

« 数値をあげればいいってもんじゃないだろうの見本 | トップページ | 新型インフルエンザ報道につらつらと思うことなど »

いろいろと考えること」カテゴリの記事

障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneと自閉症の支援:

« 数値をあげればいいってもんじゃないだろうの見本 | トップページ | 新型インフルエンザ報道につらつらと思うことなど »